肺炎球菌とは、副鼻腔炎、中耳炎、肺炎の原因となる原因菌です。この菌が血液や髄液に入り込むと非常に重篤な症状となります。

特に糖尿病、心疾患、呼吸器疾患などの持病が有る人や、免疫抑制薬を内服中の人は特に肺炎球菌ワクチンを使用して予防することが推奨されています。
国内で使用可能な肺炎球菌ワクチンはニューモバックスとプレベナーの二種類です。

肺炎球菌

ニューモバックスは定期接種(5年に1回)で採用されていますが、65歳以上、もしくは60歳以上と65歳未満で重度の障害を有するものを対象となっています。プレベナーはT細胞という細胞を刺激して免疫を獲得しますが、この免疫の獲得で長期的に予防することが可能と考えられています。ニューモバックスで定期接種をした上で、連続でプレベナーをうつ考え方も出ています。(ニューモバックスを接種後1年経過以降を推奨しています。)

ふくだ内科では肺炎球菌ワクチン摂取も受け付けております。