花粉症&アレルギー性鼻炎についてのお話し

アレルギー性鼻炎とは

アレルギーを起こす原因物質によって起きる反応の結果、くしゃみ、鼻汁、鼻閉、鼻・目の痒みなどが生じる病気です。

特定の物質が入ると、その物質をくしゃみや鼻水を追い出す作用があるのですが、過度に反応してしまうことで症状として出現します。
この特定の物質を抗原(こうげん)と言います。

抗原によって、「通年性アレルギー性鼻炎」「季節性アレルギー性鼻炎」に分ける事が出来ます。

通年性アレルギー性鼻炎の抗原:ダニ、ハウスダスト、ペット、ゴキブリなど

季節性アレルギー性鼻炎の抗原:スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、ハンノキ、カモガヤなどなど

画像の説明

*スギ(2月~4月)、ヒノキ(4月~5月)、カモガヤ(5月~6月)、ブタクサ(8月~10月)が多いと言われています。

通年性季節性によって症状や治療が分かれます。

症状

くしゃみ、サラサラした鼻水、鼻づまり、眼の痒み・涙などが症状として出現します。通年性の場合、喘息、アトピー性皮膚炎を合併することがあります。

検査

画像の説明

🌸問診
・今シーズンのいつ頃から始まった?
・季節によって違う?
・どんな症状がある?
・他のアレルギーはある?
・毎年起きる?

💉採血検査

血液検査で総IgE、血中好酸球などを確認します。また血中特異的IgE検査を行うことで具体的にどの抗原に対してアレルギーがあるかを調べることが出来ます。

🍀皮膚の検査

皮膚に実際抗原を注入して、アレルギー反応があるかを調べる検査です。当院ではこの検査は行っておらず、希望する際は近隣の皮膚科を紹介しております。

🍀鼻汁好酸球

鼻の好酸球という細胞が増加しているかを調べる検査です。当院ではこの検査は行っておらず、希望する際は近隣の耳鼻科を紹介しております。

🍀鼻粘膜誘発テスト

抗原を実際に鼻に注入してアレルギー反応があるかを調べる検査です。重症で手術を検討する時に使用します。当院ではこの検査は行っておらず、希望する際は近隣の耳鼻科を紹介しております。調べられる抗原の種類に限りがあります。

🍀その他:鼻レントゲン検査、鼻鏡検査などを行うことがあります。

治療

画像の説明
🌸抗原の除去と回避
スギなどの花粉症の場合は、情報をチェックして外出の際にはマスク、メガネを着用します。毛織物のコートの使用はNG、帰宅時は衣類や髪をよく払い、洗顔、うがいをしましょう。またそもそも外出を避けたり、窓などを閉めたりして生活するという手もあります。抗原と接しないのが大切です。
🌸内服加療
抗ヒスタミン薬という薬を中心の治療を組み立てます。具体的にはアレロック、アレグラ、ザイザル、タリオン、アレジオン、デザレックス、ビラノア、クラリチンなどのお薬があります。
花粉症のような季節性アレルギー性鼻炎の場合、症状がなくても先行して内服を開始することをおすすめします。またハウスダストなどの通年性アレルギー性鼻炎の場合でも春や秋に症状が強くなるので薬物治療を強くします。
個人差があり一概には言えませんですが、使用感や医療関係者の意見などを踏まえてざっくりと表にしてみました。(正式なデーターではなくあくまで参考程度にご参照ください。)

それぞれの薬に様々な特徴があります。ここで書ききれないので代表的なものを書きます。
アレグラ、クラリチン、テザレックス、ビラノア→眠気が少ないので自動車運転の注意勧告がない。
アレグラ→とにかく眠気は少ない。市販でも買える。
ザイザル→効き目よい、ザイザルはいつ飲んでも良いのがメリット、6ヶ月以降の子供でも使用可能。ちょっと眠気が出る人もいる。
ジルテック→効き目よい、ちょっと眠気が出る人もいる。
テザレックス→効き目よく、眠気も少ない。いつ飲んでも良いし、食事制限もない。
ビラノア→飲んだ初日から聞く。効き目よい、眠気も少ない。ただ空腹時であることが必須、グレープフルーツは飲んではいけない。

抗ヒスタミン薬に加えて、症状に応じて抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬、点眼ステロイド薬、抗プロスタグランジンD2阻害薬・抗トロンボキサンA2阻害薬、Th2サイトカイン阻害薬、漢方薬などを適宜追加して症状を観察します。以下に代表的な処方薬を記載します。
抗ロイコトリエン薬(オノン、シングレア、キプレスなど
抗ヒスタミン薬は非常に良い薬なのですが鼻づまり・喘息などの症状がある時は中々単独で改善しない場合があります。そんな時によく使うのが抗ロイコトリエン薬です。
よく鼻づまりがある患者さんには抗ヒスタミン薬+抗ロイコトリエン薬を処方してます。効果がでるまでに1週間程かかります。
経口ステロイド薬:セレスタミン配合剤など
どうしてもコントロールがつかない時の期間限定の切り札として使用します。目安としてステロイド点鼻薬をつかって、それでも駄目ならセレスタミン配合剤を1日2-3錠を3-5日、1日1錠など2週間以内で期間限定で使用します。
ステロイド点鼻薬(アラミスト、ナゾネックス、エリザスなど
鼻の症状であれば、点鼻薬をお勧めします。効果は抜群で直ぐに効きます。またガイドラインでも点鼻薬はなるべく症状が軽い段階で使った方が良いと記載されており詰まる前から使用しましょう。使用するタイミングは一日のうちいつでも良いのですが、鼻が通っている時に使うのが効果的です。使用前はしっかり鼻をかんで、左右交互に2回ずつ噴射し、噴射後は鼻から息を吸って奥まで届かせるようにしましょう。
色々な種類がありますので当院でよく使用する点鼻薬の特徴を記載します。
例)アラミストは鼻だけでなく、眼の症状にも効果的。
  ナゾネックスは他の臓器に影響を与えない。
  エリザスは刺激がすくなくて粘膜が過敏な人でも使用できる。
ステロイド点眼薬(アレジオン、パタノール、インタールなど)
眼の症状が強い場合は使用します。点眼した後はパチパチとまばたきをせずに薬が眼全体に行き渡るのを待つ方が良いとされています。点眼薬には色んな種類がありますが、インタール点眼薬に比べて、パタノール点眼薬の方が刺激が少ないと言われています。
注意が必要なのは「ベンザルコニウム」という保存料が入っている点眼薬はソフトコンタクトレンズを付けている時に使用すると眼に悪影響を与える可能性があるため、アレジオン点眼薬などのベンザルコニウムが入っていない点眼薬を使用するのが無難だと思います。(ハードコンタクトレンズやワンデーの場合はあまりベンザルコニウムが問題にならないとされていますが、特にこだわりがなければアレジオン点眼薬を勧めています。
血管収縮薬:抗ヒスタミン薬に血管収縮薬を加えたディレグラなど例に挙げられます。鼻づまりが強い時に1-2週間に限定して使用します。点鼻の血管収縮薬もあるのですが、慢性的に使用すると逆に鼻づまりが強くなる可能性があるためここぞという時に使用します。
その他にも抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2受容体拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬、漢方薬などを適宜使用します。

舌下免疫療法

🌸特異的免疫抑制薬(抗原特異的減感作療法)
内服薬は一時的な症状を抑えるために使用されますが、根治治療として、抗原特異的免疫療法を行うことが出来ます。ただし全ての抗原に対して行えるわけではなくダニ、スギなど一般的な抗原に対して保険が使用出来ます。皮膚に注射をする皮下免疫療法と内服薬を使用する舌下免疫療法の2通りがあります。
🌸手術療法
薬で上手くコントロール出来ない時は手術を検討します。粘膜を焼いてくしゃみや鼻水・鼻づまりが起きにくくするレーザー手術やアレルギーに関する神経を切断する後鼻神経切断手術など様々な手術の方法があります。当院では行っておらずご希望の方は耳鼻咽喉科専門医かアレルギー専門医に紹介させて頂いております。